お知らせ

先日、最明寺が参加させていただいております、ひとり親家庭へ向けた支援活動「おてらおやつクラブ」についてフジTV様より取材の申し出があり、後日本堂にて取材を受けました。その様子が明日11月20日(日)PM10:00から放送の「Mr.サンデー」の中で放送される予定です。当山を含む参加寺院の発送作業の様子や、おやつクラブの活動が始まった経緯、受け取った子供たちの様子が紹介されます。是非ご覧ください。また、ひとりでも多くの子供たちにおやつが届きますようご協力もお願いいたします。現在全国で470ヶ寺が参加しているこの活動により4000人以上の子供たちにおやつや果物、日用品などが届けられています。当山では毎月21日(弘法さんの日)頃に発送作業を行っています。今月は22日(火)午後2時頃から発送作業を行う予定です。皆さまのご協力をよろしくお願いいたします。
おてらおやつクラブHP http://otera-oyatsu.club/

伊豆まで法話に

昨日、住職塾の先輩、渡邊元浄師が住職を務められている伊豆の国市正蓮寺様に伺いました。遡ること1ヶ月ほど前、「宥教さん、法話をお願いできませんか?」というご依頼を頂戴しました。私なりに準備はしてきましたが、善通寺もそうでしたが緊張は隠せません。ただ、一緒に登壇した若林さん(法話のスペシャリスト)も緊張されるとおっしゃっていたので少し安心はしましたが。
テーマは「あなたの報恩感謝」、お寺の未来の井出悦郎氏、浄土真宗の僧侶で仏教系フリーマガジン「フリースタイルな僧侶たち」の編集長若林唯人氏と共にお話しをさせていただきました。

密教が体験したこと、体感したことを経典を勉強することと同じくらい重要視していること(事教両輪)、私たちは曼荼羅(宇宙)になんの準備も、希望も聞かれることなく今ある場所、時代に生れ落ちて、その境遇のなかで一生懸命生きるうちに仏さまになれる瞬間があること、自分自身が仏であると感じられる自分になっていること、それを弘法大師は即身成仏とお説きになっているであろうことを、私の体験と共にお話しさせていただきました。

お話を考えるうちに自分の頭も整理されて学びになりました。また、井出さん、若林さんお二人のお話にも気づきがあり、いつも素敵な正蓮寺さまのおもてなしと、住職の人柄、ひたむきな姿勢にこころが満たされた楽しい時間となりました。皆さんありがとうございました。

法話とお遍路体験

14264224_684249371751917_6129989912337024290_n14358644_1199266590139144_1261769586753020903_n14355116_568942296631362_655546933474378440_n

先日、四国の善通寺に行ってまいりました。ご存知の通り、善通寺はお大師さんがお生まれになった場所に建てられたお寺です。お大師さんのお父さん、佐伯氏のお名前にちなんで善通寺という名前になったと云われています。その場所で、今年は年1回の住職塾の集いを催されるということでしたので、せっかくの機会だからと思い参加してきました。電車で瀬戸大橋を超えると四国に入ります。岡山駅で新幹線を降りて、在来線の特急「南風」(なんぷう)に乗り換えておよそ1時間で善通寺駅に到着します。朝一番の新幹線に乗れば、お昼には四国に着く、というのは意外でした。案外近いんですね。

到着すると一緒に学んだ方との再会のあいさつもそこそこに、法話会が開催されました。宗派、年齢、経験もそれぞれに違う僧侶のお話を10人分、一気に聞ける機会はなかなかありませんから、いい勉強になりました。私も持ち時間の10分で真言宗の端くれとして「お大師さんに導かれて」と題しお話をさせていただきました。演壇に立たれた皆さん、それぞれのお人柄がお話に反映されていて、いい勉強になりました。来場された方のアンケート結果も即日読ませていただくことができ、生の声はもっと勉強になりました。

翌日、早朝の朝勤行に参加した後、善通寺の境内を参拝させていただき、なんと、特別なお気遣いで五重塔まで拝観させていただくことができました。その後、待ちに待ったお遍路体験です。檀家さんからもお話しを聞いたりしていて、行きたいけどしばらくは無理だろうな、と思っていたのですが、その機会が望外に早く巡ってきました。天候は早朝から土砂降りだったのですが、出発の時刻には止んでくれる辺りがお大師さんの粋な計らいのような気がします。限られた時間でしたので3つのお寺を徒歩でお参りしました。道すがら「~のせったいあります」「~寺もうすぐですよ」の励ましの看板、「おいしいいちじく」の直売所、お遍路が根付いているのが少し歩いてもわかる小路を行きます。後ろを振り返ると瀬戸内海、関東ではあまり見ない切り立った山の稜線、ちょうど稲穂が実ってきた豊かな水田、雄大な景色に「空海」とご自分で名乗られたお大師さんのこころを垣間見た気がします。道中一緒に歩いたお仲間と自己紹介から、近況、昨日の法話のこと、家族のこと、ディープなお寺の話までずいぶんとお話しました。これこそお遍路の醍醐味なのかもしれません。「同行二人」と言いますけれど、実際にはお大師さんに背中を押されながら、せったいに感謝、出会った人に感謝、この機会を与えてくれたすべての人に感謝、そして、感謝に気付く自分にまた感謝。二人ではなく多くの人と一緒に自分のこころ模様を見つけて、リセットして、描き直す「ほとけの道」、それがお遍路なのでしょう。時間が許すことなら、体力があるうちにすべて回ってみなくては!と帰りの「南風」で白波打ち寄せる瀬戸内海を見下ろしながら決意したのでありました。

このような機会を企画してくださった未来の住職塾事務局の皆様、善通寺職員の皆様ありがとうございました。

善光寺如来護摩法要 無事成満いたしました

去る8月20日(土)善光寺堂にて善光寺如来護摩法要が修法され、無事に成満しました。当日は台風の接近に伴う雨が降ったり止んだりする生憎の天候となりましたが、法要が終わりを迎えるころには如来さまに心が通じたのか雨も止み、子供たちの声が境内に響いていました。当山の善光寺如来は開山上人浄蓮房源延が長野の善光寺如来を一髪に至るまで違わず模写して松田山に安置し、鎌倉幕府 北条時頼公も厚く信仰されたという由緒正しき如来さまであります。およそ800年に渡り人々の願いを聞き続けてきた如来さまに今年も6月から準備をしてきた護摩札を加持祈祷して皆様の家内安全・息災延命・交通安全・商売繁盛を祈願いたしました。
法要に先立つ「写経の会」は今年で14回目を迎え、20名ほどの参加者が一心に筆を走らせていました。本堂には寺宝展示としてお地蔵さまをお迎えして参拝された方が手を合わせていました。ちょうど今年最後の蓮の花が散ったので花びらをお供えしてお地蔵さまに座っていただきました。
悪天候の中、ご来山、ご祈祷いただいた皆様、準備から片付けまで万難を排してご協力いただいた世話人の皆様、またお足元の悪い中、法要に出仕いただきましたご住職様、ありがとうございました。

SONY DSC

地蔵菩薩半跏像

SONY DSC

写経の会のようす

SONY DSC

善光寺堂

お盆はまごころの原点なり

IMG_2281

明日から15日までこの地域ではお盆です。ご存知の通り、ご先祖の御霊がこの時期だけ帰って来ると云われています。最明寺でも精霊檀を設け、お供物や花をささげて読経し、帰ってこられたご先祖を供養します。ご家族はお寺にお参りしてご先祖を迎え、住職はご自宅に伺って供養をします。この3日間、額に汗して歩いている、自転車やスクーターに乗っている、車の中でおにぎりを食べている、お坊さんをよく見かけるのはみなさんご承知の通りです。檀家さんはこの日のために、お墓を掃除してお花を供え、ご本尊に手を合わせて御霊を迎え、ご自宅では精霊棚を飾って御霊が休まれる場所を整えます。大変なようですが、ここに日本ならではの「おもてなし」「心遣い」「まごころ」「感謝」の姿勢が凝縮されているように思います。人との繋がりが希薄になったと云われて久しい現代、ともすると自宅で客人をもてなす、という機会は減ってきていることでしょう。そんな時代だからこそ、他でもない自分の先祖のために汗を流して掃除をし、感謝の気持ちをお供物に表すということは、以前よりも「功徳を積む」という意味において大切なのではないか、と思います。最明寺の墓地はほとんどのお墓がきれいに掃き清められてお花が飾られ、仏さまを迎える準備が整ったようです。皆さんの仏心に感謝、そのように育んでくださったご先祖の慈愛に感謝、私たちを導いてくださったご本尊に感謝です。

夫れ 仏法遥かに非ず 心中にして即ち近し

よきお寺とつながるサイト「まいてら」に住職が弘法大師のお言葉について取材を受けました。住職が実際に体験したお大師様のお言葉についてお話しさせていただきました。題字も書きました(汗)。修行やお寺での生活で初めて感じたことは偶然にも弘法大師の言葉がピッタリと当てはまることでした。あなたにも、私にも仏さまになっている瞬間があるというのです。出来ることならば、自分はもちろん、身近な人や、森羅万象に仏さまが宿っているその姿に気付くことができる自分でありたいものです。

夫れ仏法遥かに非ず 心中にして即ち近し ‐ 最明寺 住職 加藤宥教さん (神奈川県)

「まいてら」とは良きお寺とつながる安心を届けるため、一般社団法人お寺の未来様が作られたポータルサイトです。「安心お寺10ヶ条」を掲げ、独自の視点でお寺を紹介されています。最明寺もHPやパンフレットの作成、またご縁きっかけとなった「未来の住職塾」でお世話になったこともあり、紹介していただいています。
http://mytera.jp/

境内整備奉仕活動

境内整備の奉仕活動を総代さんをはじめとする檀家有志にて行いました。今回のメニューは境内地と民家の地境に生えた竹の伐採と草刈り、および駐車場脇の枯れた杉の木の伐採です。その手のプロとセミプロ?の集団はとても手際よく、仕事を進めてくださいました。枯れた杉の木は倒れると電線を切ってしまう恐れがあったので少し前から気になっていたのですが、おかげさまでその心配もなくなりました。竹切もみなさん鋸と鎌に慣れた方でしたので黙々と作業を進めて下さり、想定していたよりずっと早く終了しました。みんなで協力して、楽しみながら境内の景観を維持していく、そういった姿に一歩踏み出せたのではないかと思います。何しろ仏さまの目の前ですから。作業後のみなさんの笑顔と汗が美しい。ちょうどこの日に今年最初の蓮の花が咲いてくれました。総代さんのお声がけに応えてお集まりくださったみなさま、ありがとうございましたこれからも定期的にこういったお願いをすることもあるかと思いますが檀家の皆さまのご協力、ご参加をお願いいたします。いい汗かいて仏さまも喜んでご自身もきっと笑顔になれる、そんなオシゴトが待っています!

SONY DSCIMG_1689 (2)

今生の別れ。根性の別れ。

週末はとてもよいお天気で真夏のような暑さになりました。7月に入った途端のこの暑さは体に堪えたという方もいらっしゃったのではないでしょうか。当山でのこの時期の晴れの日といったら「草むしり」or「草刈り」です。細かい苔の中や中庭の草やらは女性陣の匠の技にお任せして、住職は草刈機2号(マサオくん)の担当です。プラグと欠けにくい刃に換装して絶好調のマサオくん。4月から6月まではひと月に1回で済みますが、7月からは2~3週間に1回ぐらい刈らないとどんどん草が茂ってきます。伸びてしまった草は草刈機に絡みついたり、地面の石やくぼみが見えなかったりして危険なのであまり伸びないうちに刈ったほうが楽なんですよね。草の生命力との根競べです。燃料切れになったのでちょっと座り込んで休憩していると「チチチチッ」と鳥の鳴き声がします。電線の上にツバメがひ~ふ~み~っと6羽止まっていてなにやら騒がしい。ちょっと小さいかな・・・どうやら今日が巣立ちの日だったようです。そういえばあの声は親がご飯を運んできたときに鳴く声と同じでした。どこか近くにあった巣から巣立ちして間もないのでしょう、飛ぶのもあまり上手ではないみたいで地面に降りてきたり、着地が下手で、はたから見ていても危なっかしい。この辺は最近猫が多いんだけどな、なんて心配になってきます。みんなで鳴いて親ツバメを呼んでいるのでしょうが、いくら鳴いても親ツバメはもう飛んできません。10分ぐらいはこの状態が続いたでしょうか。諦めたのか、はたまた意を決したのか、勇気を出して一羽が飛び立ちました、がまた戻ってくる。同じのがまた飛び立って、戻ってくる。そして遠くからトラックのクラクションが響いた瞬間でした。全員が飛び立ち、2度と電線には帰ってきませんでした。

彼ら兄弟、親子にとってはおそらく今日が今生の別れ。来年すべての雛が戻ってくるとは限りません。たった20日間の家族の生活、親から餌を運んでもらえる生活を終えたら、いきなり自分で餌を採り、身を守り、渡りを覚えて文句も言わず飛んでいく、なんて逞しい、なんて厳しい世界でがんばっているんだろう、と24年も親のすねかじりして生きてきた自分をちょっと反省しました。来年大きくなって戻ってきたツバメを見れたらいいな。しかしどうして誰も教えもしないのに渡りが分かるのか、巣の作り方が分かるのか本当に不思議です。

草刈り終わってない・・・。

おてらおやつクラブ

IMG_1072 (3)IMG_1088 (3)

先日、今月分の「おてらおやつクラブ」発送を行いました。(写真は5月の発送時)

寺報「蓮台」や檀徒総会でもお話しさせていただいたこの活動は、ひとり親家庭の子供たちにお寺の御供物などを支援団体(NPOなど)の後方支援として「おすそわけ」する慈善活動でございます。最明寺では昨年の2月からお手伝いさせていただいております。新聞やTVなどの効果もあり、参加寺院が増加していて、全国で374ヶ寺、3000人以上の子供たちに定期的におやつが届けられています。子供貧困とは無縁のように思えるこの国で、おやつや支援を待っている子供が確実にいるという現実を改善する一助となれば、と思います。

最明寺でも檀家さんが発送のお手伝いに来てくださったり、物資のご支援を申し出て下さる方が少しずつ増えています。来月は21日(弘法さんの日)に発送を行いますので、ちょっとお寺に涼みがてら、仏さまと子供たちをつなぐこの活動にご参加いただければ、と思います。

おてらおやつクラブについて詳しくはこちらをご覧ください。 http://otera-oyatsu.club/

紫陽花

境内の紫陽花が見頃です。写真は階段脇のブルーの花。ひとことで紫陽花といっても花の色、大きさ、たくさんの種類があるようで当山の紫陽花も赤、白、青、紫など様々です。花が終わると来年の花芽が下にできているので花をたくさん咲かせて楽しむためには剪定が欠かせません。梅雨の間は花が少ないのですが、雨の中映える淡い色の花がきれいですね。明日は夏至。ずいぶん日が長くなりました。夏本番はすぐそこのようです。

SONY DSC

SONY DSC